空室対策ブログ

YouTube★【築25年のリアル】1K リノベーション前に密着!気付き満載!/空室対策事例#46

2022年6月10日 金曜日

\お部屋の様子は動画でご覧ください。/

 

 

 

■リノベーション前後の間取り

 

 

 

今回は1Kのお部屋、賃貸オーナー様の息子さんから管理会社様からリフォームの見積が出ているようですが、らくらくLifeの見積と比較したいとお問合せいただきました。

らくらくLifeでは月1回、賃貸オーナー様向けのらくらく新聞を無料発行しています。
らくらく新聞には「リフォーム見積の内容を比較してください」と書いてありますが、この言葉に引っかかったようでリノベーション工事のご依頼をいただきました。

賃貸オーナー様がいらっしゃり工事の内容をご説明しますので、その様子をご紹介します。

 

 

 

■物件情報
エリア:川崎市中原区
築年数:25年
構造:軽量鉄骨造
交通:最寄駅から徒歩4分

 

 

—賃貸オーナー様ご到着—

本日はリノベーション工事の内容を細かくご説明します。

 

■玄関


下駄箱を撤去して棚を取り付けるとお話ししていましたが、下駄箱を撤去する理由は25.5cmの江崎の靴を収納すると下駄箱扉が閉まりません。
そのため前の入居者さんは靴を横向きにして収納していたと思います。
なのでガチャレールで棚をつくって扉のない靴収納をつくることで本来の向きで靴収納ができるようになります。
新しく下駄箱を設置するよりも棚をつくった方が費用を抑えられます。

 

玄関証明は人感センサー付きのダウンライトに交換します。

 

 

 

■お風呂


お風呂は傷んでいる蛇口と鏡だけ交換して、費用を抑えるために浴槽は交換せずにクリーニングでキレイにします。

 

 

 

■キッチン


いまはお部屋で料理する方も多いので2口ガスコンロのシステムキッチンに交換します。
いまの1口ガスコンロから2口ガスコンロに変更すると、キッチンの奥行きが広くなります。
キッチンの奥行きが5cm広くなると建具に被ってしまうので、建具を洗濯機側に移動します。

 

 

 

■トイレ


建具などは白く塗装しますがジプトンの天井になっています。
ジプトンのままだとバランスが悪くなってしまうのでボードを貼って壁紙で仕上げます。
ジプトン天井から壁紙への変更工事はご依頼いただいたパック工事の基本工事に含まれています。

ペーパーホルダーとタオル掛けもシルバーに交換します。

 

 

 

■室内洗濯機置場


最近はドラム式洗濯機を使われる入居者も多いのですが、ドラム式洗濯機を置くためには床から1m30cm以上の高さに蛇口がないと蛇口と洗濯機がぶつかってしまいます。
蛇口の位置を高くして洗濯機上に棚を設置します。

 

 

 

■洋室

らくらく新聞の「この設備がなければ決まらない」ランキングにも入っているのですが、単身者向けの物件ではモニター付きインターホンが上位に入っています。


そのためインターホンはモニター付きインターホンに交換します。

 

スイッチやコンセントもすべて新しく交換します。
壁紙と床は貼り替えて、必要なものは塗装してデザインを入れます。

 

押入収納は奥行きが広いタイプです。奥行きが広いと使い勝手が悪いので、壁をつくって奥行きを活かしたオープン収納にして洋服がかけられるパイプを取り付けます。

お部屋のデザインの関係でピクチャーレールを撤去、巾木をソフト巾木に交換、まわり縁を撤去して壁紙で仕上げます。

 

 

 

どんなデザインにするかはまだ決めていませんが、清潔感のあるお部屋に仕上げます。
キッチン設備の注文はしていますがまずはじめに解体工事を行い、キッチンを取り付けてから床などを仕上げるので、解体後は先に塗装工事→新しいキッチン取付→壁紙・床工事に入ります。

リノベーション完了後にご感想をお聞かせいただければ嬉しいです。玄関を開けたときの印象が変わると思いますので、楽しみにしていてください!

 

 

 

リノベーションだけでなく、それ以外の空室対策もお部屋に合わせて行っていますので、「詳しく知りたい!」という方は空室対策パンフレットの資料請求をしてみてくださいね。

空室にお困りの賃貸オーナー様、不動産管理会社様、資料請求やご相談をお待ちしております。

▼ご相談や無料 資料請求はこちら

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/#contact

 

▼空室対策事例再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsnp63Pc89EZKs8b6b1ehMu2wqKVSNhOV

▼定額制リノベーションを詳しくみる

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/

【無料相談受付】 TEL_0120-053-023(平日9:00~18:00)

メール_info@reform-tokyo.jp

=================

定額制リノベーション×空室対策『賃貸ワンストップ』

1万円×床面積(㎡)

1.5万円×床面積(㎡)

安心の【定額プラン】各種あり。

“客付け”までをワンストップでサポート!

空室賃貸にお悩みの賃貸オーナー様、不動産管理会社様はお気軽にご相談ください。

=================

 

 

「リノベーション賃貸に住んでみたい!」と思われている方、

「空室が続く…。」とお困りの賃貸オーナー様、

らくらくライフ リフォーム東京(株)の江崎へご相談くださいね!

★チャンネル登録と高評価、よろしくお願いします>>

 

 

賃貸物件の空室対策動画もYou Tubeにて投稿しています。

賃貸物件の空室にお悩みの賃貸オーナー様は

ぜひご覧くださいね♪

★賃貸物件の空室対策を見る

YouTube★築28年 「これ以上、家賃は下げません!!」と決めた結果、こうなった!/空室対策事例#45

2022年6月3日 金曜日

\お部屋の様子は動画でご覧ください。/

 

 

 

■リノベーション前後の間取り

 

 

 

■物件情報
エリア:川崎市中原区
築年数:28年
構造:RC造
交通:最寄駅から徒歩4分

 

 

■賃貸オーナー様のお悩み
築15年以上になると家賃を下げなければ入居が決まらない。
どんどん家賃が下がっていくことを不安に思い、これ以上家賃を下げたくない。
室内が古いのでリノベーションして貸したい。

 

結論から言うと3DKから2LDKに間取りを変更して入居者募集を開始したところ、15組のお客様からお問合せがありました。
最初にお問合せをいただいた3組のお客様をご案内して入居申込となりました。

 

リノベーション前は家賃を下げても6ヶ月空室が続いてやっと入居者が決まるという状態でしたが、今回はリノベーション工事中に写真を掲載して15組のお客様からお問合せをいただきました。
どんな物件だったかご紹介します。

 

 

 

■間取り


リノベーション前は3DKの間取りでしたが2LDKに変更しました。

間取り変更でこだわったポイントが2点ございます。
①LDKを広くしたい。
リノベーション前はダイニングに光が入らず暗かったので、ダイニングと洋室の間にある壁を撤去して広くし、ベランダから光が入り明るくする。

②和室
和室があると入居希望者からの問合せが少なくなるので洋室に変更しています。
和室の床にそのままフローリングを貼るのではなく、元々和室だったことがわからないような洋室にリノベーションしています。

 

 

 

■玄関


玄関を開けて暗いと内見のときのお客様の第1印象が悪くなります。
そのため建具は白く塗装して、床も明るい塩ビタイルを上貼りしたことで明るい印象になりました。

 

 

 

■水まわり


水まわりのお風呂、独立洗面台、洗濯機パンは交換せずに既存の物をクリーニングして使用しています。

 

 

 

■洋室


玄関横の洋室も明るい色の塩ビタイルを上貼りして扉を白く塗装し、明るい印象になるように仕上げています。

 

 

 

■キッチン


キッチン扉の色に古さを感じるので、キッチン交換は行いませんでしたが扉に白いシートを貼って取手を交換しました。

 

 

 

■リビング


ダイニングと洋室の間仕切りを撤去して広いリビングをつくりました。
そうすることでバルコニーから入る光がリビング全体に届くようになり、リビングのどこにいても明るく感じるようになりました。
内見したお客様の感想は「賃貸でこんなに広いリビングはみつからなかった!」と喜んでいました。

 

 

 

■洋室


和室だったお部屋は洋室に変更しました。
内見したお客様はやわらかい雰囲気でヘリンボーンの壁紙を気に入っておられました。

 

 

 

■なぜ15組のお客様からお問合せがあったか
賃貸オーナー様に15組のお客様から問い合わせがあったことをお伝えすると、リノベーション前は家賃を下げてもなかなか決まらなかったのに15組も反響があったんですか!?と大変驚かれていました。

 

築30年を過ぎるとどうしても原状回復だけでは今の入居者に届きません。
賃貸オーナー様からするとお子様やお孫さんくらいの年代の方が入居されます。
若い入居者世代の気持ちは賃貸オーナー様や管理会社様には理解しがたいかと思います。
私たちらくらくLifeは入居者世代との考えや気持ちの差を、内見時にお客様の声を聞くことで解消しています。

 

 

30年前に発売された携帯電話を新品にしてキレイにしても入居者世代の若者は購入しません。
使い勝手を重視してどんどん新しいものから新しいものへと携帯電話を買い替えています。
お部屋を新しくするのはお金がかかるのでなかなかできませんが、携帯電話と同じで30年前のままのお部屋に住みたいという入居者は少ないと思います。
しかし少しの工夫で入居者世代に支持される賃貸に変われます。

 

 

 

リノベーションだけでなく、それ以外の空室対策もお部屋に合わせて行っていますので、「詳しく知りたい!」という方は空室対策パンフレットの資料請求をしてみてくださいね。

空室にお困りの賃貸オーナー様、不動産管理会社様、資料請求やご相談をお待ちしております。

▼ご相談や無料 資料請求はこちら

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/#contact

 

▼空室対策事例再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsnp63Pc89EZKs8b6b1ehMu2wqKVSNhOV

▼定額制リノベーションを詳しくみる

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/

【無料相談受付】 TEL_0120-053-023(平日9:00~18:00)

メール_info@reform-tokyo.jp

=================

定額制リノベーション×空室対策『賃貸ワンストップ』

1万円×床面積(㎡)

1.5万円×床面積(㎡)

安心の【定額プラン】各種あり。

“客付け”までをワンストップでサポート!

空室賃貸にお悩みの賃貸オーナー様、不動産管理会社様はお気軽にご相談ください。

=================

 

 

「リノベーション賃貸に住んでみたい!」と思われている方、

「空室が続く…。」とお困りの賃貸オーナー様、

らくらくライフ リフォーム東京(株)の江崎へご相談くださいね!

★チャンネル登録と高評価、よろしくお願いします>>

 

 

賃貸物件の空室対策動画もYou Tubeにて投稿しています。

賃貸物件の空室にお悩みの賃貸オーナー様は

ぜひご覧くださいね♪

★賃貸物件の空室対策を見る

YouTube★リノベーション中に入居者決定!使い勝手が悪くて空室だったお部屋のビフォーアフター/空室対策事例#44

2022年5月27日 金曜日

\お部屋の様子は動画でご覧ください。/

 

 

 

■リノベーション前後の間取り

 

 

 

今回は空室対策リノベーション前のお部屋をご覧いただいてからリノベーション後のお部屋をご紹介します。

 

■物件情報
エリア:川崎市中原区
築年数:33年
構造:RC造
交通:最寄駅から徒歩3分

 

2ヶ月ほど前に撮影したリノベーション前のお部屋をご覧ください。

 

《リノベーション前》

■水まわり

トイレの場所は移動せずにトイレ交換とウォシュレット取付を行います。

 

この物件の1番の欠点は水まわりでした。
最近のお部屋では見ないと思いますが、浴槽のサイズが90cmしかありませんでした。

 

 

 

■洋室1


10年以上前にリフォームしたお部屋です。
リフォーム前は和室 畳だったお部屋を、洋室変更工事のために必要な置床工事を行い、その上から塩ビタイルを貼っただけのリフォームでした。

天井や襖を見ると和室だったということがわかり、このようなリフォームをすると内見してもなかなか入居が決まりません。
今は和室を洋室に変更するときは、和室だったことがわからないようにリノベーションしています。

 

 

 

■洋室2


ダイニング奥の洋室は狭いため納戸として利用されていた方が多く、お客様から内見時に「使いづらそう…。」と言われていました。
今の間取りが1SDKなので浴室・洗面脱衣所を広くして、1LDKの間取りでスケルトン工事を賃貸オーナー様へご提案します。

 

 

今は給湯器などの材料が入りにくくなっているので、通常は1.5ヶ月ほどの工事期間ですが今回は3ヶ月ほどかかりそうです。
リノベーション工事完了後に動画でご紹介します。

 

 

 

《リノベーション後》
リノベーション前の動画から2ヶ月ほどで事完了したのでお部屋をご案内します。
リノベーション前のお部屋の欠点が①浴室が小さい ②使いにくい1SDKの間取りでしたが1LDKに変更しています。

 

■玄関


玄関は下駄箱の位置等の変更はしていません。
廊下とリビングの間の扉には明り取りのある扉を使用しています。

 

 

 

■水まわり


トイレもリノベーション前と同じ位置で、ウォシュレット取付、トイレ交換を行いデザインをいれました。

欠点だった浴室は横幅90cmの浴槽でしたが1116サイズのユニットバスに交換しています。
リノベーション前は追い焚き機能がありませんでしたが追い焚き機能をつけて、ほとんどの新築賃貸に浴室乾燥機がついているので浴室乾燥機を取り付けてあります。

洗濯機パンと洗面台は大きさは変更せず、洗濯機パン上に高さ調節可能な棚を設置しました。

 

 

 

■洋室1


元々和室だったお部屋です。
元々和室だったことがわからないようにつくりかえています。

押入だった収納はクローゼットに変更しています。
壁には一面デザインを入れました。お部屋を明るくするために明るい色の床材に貼り替えています。

 

 

 

 

■リビング


洋室1の隣がリビングです。
施工前は扉がありその先に納戸がありました。扉を撤去して納戸だった場所の奥には収納をつくりました。
リノベーション前は浴槽が小さかったため壁が出っ張っていませんでしたが、お風呂を大きくしたことで少し出っ張った形になりました。

納戸の扉を撤去することで広いリビングをつくりました。

 

1SDKの間取だったリノベーション前は、賃貸オーナー様から「入居者募集しても決まらない…。」、管理会社様からは「入居が決まる部屋にしてほしい。」とご依頼いただきました。
今回ご紹介したお部屋と同じ1SDKタイプ(同じマンションの別のお部屋)は、入居者を決めるためにこのお部屋と同じ間取りに変えています。
リノベーション前にほどんどのお部屋の入居者が決まります。
今回のお部屋もハウスクリーニング前ですが、入居者募集から約1週間で8組のお客様からお問合せをいただき、1件目にお問合せいただいたお客様が申込、成約となりました。

築30年以上経過した賃貸物件も、室内をリノベーションで新築同様にすることで、10~15年の長いスパンを稼働率95%で貸せるお部屋になると実感しています。
また、リノベーションをすることで工事前にお客様からご予約いただくこともあります。
YouTubeを見たお客様で着工前(入居2ヶ月前)に入居を決めた方もいらっしゃいました。
動画を使ってお部屋を発信することも早く入居を決めるために大事だなと感じています。

 

 

 

 

リノベーションだけでなく、それ以外の空室対策もお部屋に合わせて行っていますので、「詳しく知りたい!」という方は空室対策パンフレットの資料請求をしてみてくださいね。

空室にお困りの賃貸オーナー様、不動産管理会社様、資料請求やご相談をお待ちしております。

▼ご相談や無料 資料請求はこちら

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/#contact

 

▼空室対策事例再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsnp63Pc89EZKs8b6b1ehMu2wqKVSNhOV

▼定額制リノベーションを詳しくみる

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/

【無料相談受付】 TEL_0120-053-023(平日9:00~18:00)

メール_info@reform-tokyo.jp

=================

定額制リノベーション×空室対策『賃貸ワンストップ』

1万円×床面積(㎡)

1.5万円×床面積(㎡)

安心の【定額プラン】各種あり。

“客付け”までをワンストップでサポート!

空室賃貸にお悩みの賃貸オーナー様、不動産管理会社様はお気軽にご相談ください。

=================

 

 

「リノベーション賃貸に住んでみたい!」と思われている方、

「空室が続く…。」とお困りの賃貸オーナー様、

らくらくライフ リフォーム東京(株)の江崎へご相談くださいね!

★チャンネル登録と高評価、よろしくお願いします>>

 

 

賃貸物件の空室対策動画もYou Tubeにて投稿しています。

賃貸物件の空室にお悩みの賃貸オーナー様は

ぜひご覧くださいね♪

★賃貸物件の空室対策を見る

YouTube★〇〇が原因で空室だった賃貸。リノベーション後は5日で入居が決まる人気物件に!/空室対策事例#42

2022年5月13日 金曜日

\押入解体工事の様子は動画でご覧ください。/

 

 

 

■リノベーション前後の間取り

 

 

 

先日動画でご紹介した2DK 賃貸アパート(動画はこちら>>)、ユニットバス・洗面の解体工事は終了しています。
和室のお部屋も、元々和室だったことがわからないように仕上げることができそうです。

 

 

今回はダイニング横洋室の押入解体工事を行います。

 

解体工事の様子は動画でご覧ください。

 

 

押入の解体工事が終了しました。
この後は天井をつくり、ボードを貼ります。床は後日解体して洋室とフラットな高さになるよう調整します。

少しイメージがつきにくいかと思いますが、押入横の建具上の壁を壊して壁をつくり、棚にする予定です。

 

 

 

 

リノベーションだけでなく、それ以外の空室対策もお部屋に合わせて行っていますので、「詳しく知りたい!」という方は空室対策パンフレットの資料請求をしてみてくださいね。

空室にお困りの賃貸オーナー様、不動産管理会社様、資料請求やご相談をお待ちしております。

▼ご相談や無料 資料請求はこちら

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/#contact

 

▼空室対策事例再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsnp63Pc89EZKs8b6b1ehMu2wqKVSNhOV

▼定額制リノベーションを詳しくみる

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/

【無料相談受付】 TEL_0120-053-023(平日9:00~18:00)

メール_info@reform-tokyo.jp

=================

定額制リノベーション×空室対策『賃貸ワンストップ』

1万円×床面積(㎡)

1.5万円×床面積(㎡)

安心の【定額プラン】各種あり。

“客付け”までをワンストップでサポート!

空室賃貸にお悩みの賃貸オーナー様、不動産管理会社様はお気軽にご相談ください。

=================

 

 

「リノベーション賃貸に住んでみたい!」と思われている方、

「空室が続く…。」とお困りの賃貸オーナー様、

らくらくライフ リフォーム東京(株)の江崎へご相談くださいね!

★チャンネル登録と高評価、よろしくお願いします>>

 

 

賃貸物件の空室対策動画もYou Tubeにて投稿しています。

賃貸物件の空室にお悩みの賃貸オーナー様は

ぜひご覧くださいね♪

★賃貸物件の空室対策を見る

YouTube★【築30~39年】空室対策の成功事例 総集編#7/問合せ続々!空室賃貸が次々と入居決定

2022年5月6日 金曜日

\総集編は動画でご覧ください。/

 

賃貸マンションオーナーさまのご相談から『空室対策』を行ってきました。

いままで行ってきた空室対策事例を築年数ごとにご紹介しております。

私たちの目的はオーナーさまと同様に『空室を改善すること』です。

お部屋別に空室対策を詳しくご紹介した動画を是非ご覧くださいね。

 

 

 

リノベーションだけでなく、それ以外の空室対策もお部屋に合わせて行っていますので、「詳しく知りたい!」という方は空室対策パンフレットの資料請求をしてみてくださいね。

空室にお困りの賃貸オーナー様、不動産管理会社様、資料請求やご相談をお待ちしております。

▼ご相談や無料 資料請求はこちら

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/#contact

 

▼空室対策事例再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsnp63Pc89EZKs8b6b1ehMu2wqKVSNhOV

▼定額制リノベーションを詳しくみる

https://reform-tokyo.jp/wp/chintai_renovation/

【無料相談受付】 TEL_0120-053-023(平日9:00~18:00)

メール_info@reform-tokyo.jp

=================

定額制リノベーション×空室対策『賃貸ワンストップ』

1万円×床面積(㎡)

1.5万円×床面積(㎡)

安心の【定額プラン】各種あり。

“客付け”までをワンストップでサポート!

空室賃貸にお悩みの賃貸オーナー様、不動産管理会社様はお気軽にご相談ください。

=================

 

 

「リノベーション賃貸に住んでみたい!」と思われている方、

「空室が続く…。」とお困りの賃貸オーナー様、

らくらくライフ リフォーム東京(株)の江崎へご相談くださいね!

★チャンネル登録と高評価、よろしくお願いします>>

 

 

賃貸物件の空室対策動画もYou Tubeにて投稿しています。

賃貸物件の空室にお悩みの賃貸オーナー様は

ぜひご覧くださいね♪

★賃貸物件の空室対策を見る

ご相談・見積もり無料 電話0120-053-127 電話受付時間9:00-18:00
対応エリア

対応エリア

神奈川県
  • 川崎市中原区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市高津区
  • 川崎市幸区
  • 川崎市川崎区
  • 川崎市麻生区
  • 横浜市都筑区
  • 横浜市港北区
  • 横浜市鶴見区
  • 横浜市青葉区
東京都
  • 大田区
  • 品川区
  • 世田谷区
  • 目黒区
お見積り・資料請求はこちらからお問い合わせください